おすすめアクション・ARPG


【悪魔城伝説】
 (コナミ)
(C) Konami Digital Entertainment. All rights reserved.

有名な悪魔城シリーズ3作目。
音楽がすばらしく、FCのBGMの中で1、2を争うでき。っていうかゲーム史上でもかなりのでき。
その中でも「Aquarius」「Dejavu」は流れるタイミングといい鳥肌もの(個人的に)。
難しいがクリアすると思わずガッツポーズしてしまう達成感がある。
無限コンティニューがあるので頑張ればなんとかなる。ただし下ルートは激ムズ。
今ならWiiのバーチャルコンソールか、なければFC実機でプレイするしかない。


【ロックマンX4】
 (カプコン)
(C) CAPCOM Co., Ltd. All Rights Reserved.

ロックマンXシリーズ4作目。ゼロが使えるようになり、1つの完成形と言える。
ゼロが使えるようになった事で二度楽しめる。
歯ごたえもなかなかあり、上達する喜びがある。
上手くなるとXのパーツ1つも取らずにクリアできる。エンディングの画像もヘルメットが違ったりで細かい。
今ならPS3のゲームアーカイブスか、なければ初代PS、PS2実機でプレイするしかない。

《戦国無双3Z》(PS3)

PS3で出た戦国無双3完全版。
音楽が良く、その中でも「勝機」は最高。幸村のEDはとても感動する。
これで満足してしまい、続編が出ても買う気がおきないほど。

《三国無双6》(PS3)

いつもと違い、晋ルートを遊べるようになった。
晋ルート自体はそんなに面白くないが、全てクリアした時のエンディングが、
「数多の英雄達がいたけど、晋に統一されてしまったか〜」と感慨にふける感じで感動する。
これで満足してしまい、続編が出ても買う気がおきないほど。

基本、戦国も三国志も話の根幹は変わらないし、続編出ても武将増えるくらいだし。
その中でも上2つはHD機で出たというのと、EDがよかった。

《トロイ無双》(PS3)

戦国、三國志以外にもたくさんの無双が出ているが(北斗の拳、ガンダムとか)、
このトロイ無双は当たりだった。(無理矢理、敵いっぱい出して無双にしても面白くないのは当然か)
ウィキペディアでトロイア戦争について読んでおいたので、話もついていけた。
一騎当千の無双はやっぱ戦争物じゃないと面白くないな、と感じるゲームだった。

《バイオハザードシリーズ(4より前)》(初代PSなどさまざま)

超有名ホラーアドベンチャー。
ラジコン操作が特徴的。当時はこれやった後、他のゲームやると操作が上手くできなかった。

《ディノクライシス1、2》(初代PS)

恐竜版バイオ。これもとても面白い。
面白かったけど3はガンシューになってしまった。

《鬼武者シリーズ》(PS2)

信長が殺されて幻魔として蘇った。という架空戦国時代が舞台のアクションゲーム。
バイオ戦国版といった感じで面白いです。
シリーズ4作あり、どれも面白い。

《デビルメイクライシリーズ》(PS2・PS3)

「スタイリッシュ」という言葉、「かっこいい(キザな)しぐさをするゲームキャラ」を世に広めたゲーム。
アクションゲームとしてもとても面白い。

《サイレントヒルシリーズ》(初代PS・PS2)

ホラーアクション。シリーズ4作ある。
自分がやったホラーゲームの中で一番怖かった(そんなにホラーゲームをやっているわけではないが)。
ほんとに怖いのでやる時は覚悟が必要。バイオハザードよりも全然怖い。
怖いのがやりたい時におすすめ。


【デッドライジング2】
 (カプコン)
(C) CAPCOM Co., Ltd. All Rights Reserved.

ゾンビが出てくるゲームだが、怖くはない。どっちかというとバカゲーより。
しかし、大量に出てくるゾンビを殺しまくる快感があり、面白い。
車でゾンビをひき殺しまくる事もできる。
そんなゲームなので当然ながらZ指定(18禁)である。


【スーパーメトロイド】
 (任天堂)
(C) Nintendo. All rights reserved.

有名な横スクロール探索型アクション。
早解きでエンディングが変わるやりこみ要素があり、3時間以内クリアするほどやりこんだ。
実はメトロイドはこれしかやってないが、これでメトロイドはお腹一杯。
かなり面白いのでおすすめ。任天堂なのでもちろんバーチャルコンソールに出ている。


《東亰ザナドゥ eX+》(PS4)

アクションRPG版軌跡といった感じでとても面白い。
ブログにプレイ日記書いてます。


【イースSEVEN】
 (日本ファルコム)
(C) Nihon Falcom Corp. All rights reserved.

イースの中では最高(個人的に)。
かっこよく、そして感動するファルコムサウンドは最高(コナミサウンドは消えてしまったが)。
アクションRPG史上でもかなりの面白さ。超おすすめ。


【ローグギャラクシー】
 (SCEJ)
(C) Sony Computer Entertainment Inc. All rights reserved.

アクションRPGといえばこれも外せない。
かなり面白く、後にストーリー、コスチュームが追加されたディレクターズカットが発売された。
今と違い、DLCはなかったので時代を感じる。もちろんディレクターズカットも買った。

《聖剣伝説3》(SFC)

スクウェア黄金時代の名作アクションRPG。
なぜかバーチャルコンソールに出ておらず、SFC実機でしかできない。
自分はソフトもSFC本体もあるのでプレイ可能。ふふっ


【ワルキューレの冒険 時の鍵伝説】
 (バンダイナムコ(当時はナムコ)
(C) BANDAI NAMCO Entertainment Inc. All rights reserved.

体当たりが主流だったアクションRPGの中、初めて剣を振って攻撃するようになったアクションRPG(だと思う)。
ノーヒントで攻略情報必須だが、今では攻略サイトがあるので楽勝。
パスワード制だが、これも今なら携帯のカメラで撮れば楽勝。昔とは大違いである。
最初に決める星座、血液型で能力、成長の仕方が決まるが、こだわりなければしし座、O型がおすすめ。
Wiiのバーチャルコンソールで出ている。自分は物持ちがいいので実機でできるが。